熊谷 光峰

当主 熊谷 光峰

当主 第二代 光峰は、昭和41年有田工業を経て、45年九州産業大学彫刻科を卒業後、父に師事し陶技を修め乍ら、登り窯を 新たに完成し、釉薬と土味に新しい境地を見いださんと日々研さんに励んでおります。
初代の伝統を墨守しながら独自の作品を創り、茶道家並びに、愛陶家各位のご期待に沿うべく努力を続ける所在でございます。

日本工芸会正会員
朝日カルチャーセンター講師
北九州市 指名業者 登録

西部工芸展 銀賞
西部工芸展 福岡県知事賞
日本伝統工芸展 入選
日本工芸会正会員 認定
小倉井筒屋にて 個展


熊谷 孝司

熊谷 孝司

昭和62年(1987年)生まれ
広島市立大学 芸術学部 彫刻科 中退後 二代 光峰 を 師とし 作陶を始める。 企救焼の 従来の技法や釉薬の伝統を学び 自分なりの工夫を加えた作品を目指すべく誠意奮闘中。